美しいものコレクション!

独断と偏見で厳選した美しい人、美しいものを動画や記事でお届けします!きっと異論は無いはずです!

ミランダカー完成度の高いThe・美貌!という表現が、決して言い過ぎではないでしょう。

どうすれば、この様な創り上げた様な完成度の高い、美しさが生まれるのでしょうか・・・。
見入るほどに惹き込まれる様な美しさです。

日本びいきで知られているミランダさんです。
時々TV番組にも出演していて、結構流暢な日本語も披露していますね。

ダイエットやヨーガなどで有名で、よくプロポーション維持の話題を話されています。
黒烏龍茶のCMは周知で有名なものです。

しかし、決して近寄り難そうなほどでもなく、画面からは親しみ易さが滲み出て伝わってきます。
巷の女性なら、必ず1度は憧れる存在?ではないでしょうか?

そんな、オーストラリア出身の海外美人モデル、ミランダ・カーさんの紹介です。

クレドゥ現実逃避できる海!・・・そう形容しても言い過ぎないほど。そんなモルディブ、クレドゥ島の海岸線の美しさ!です。

何も考えたくなくなる様な、何もしたくなくなる様な、そんな海がモルディブには当たり前の様にあります。

同じ地球上にこんなところが在るのか?・・・とため息が出てしまう様な景色です。
行きているうちに、一度は訪れてみたいのですが、果たして叶うのかどうか・・・。

何も言わずに受け入れてくれるかの様な、何も責めずに許してくれるかの様な、そんな不思議さに覆われる神秘的な癒やしのある海です。

こんな景色を見ていたら、誰しもが羨ましくなってしまう様な海です。

そんな、現実を忘れてしまう海、モルディブのクレドゥ島です。

miyamoto洗練、純潔、優雅、3拍子揃った美しさ。そう形容しても決して過ぎる事はないでしょう。バイオリニスト・宮本笑里さんの紹介です。

これほどの洗練された美しさは、どうすれば出来上がるのでしょう・・・。
そう言いたくなる様な完成度の美しさです。

ご本人的にはそんなに自惚れることも驕り高ぶる事などもないのでしょう。
しかし、ずっと、じ~っと見つめているだけでも満足する様な、じ~っとただ見つめていても全く辛くなる事など無いかの様な、どこまでも奥行きのある様な美しさです。

少しだけ、この世のものとは思えない様な可憐な荘厳ささえ漂わせる雰囲気を持っている様に窺えますが、汚れないかの様な純潔と呼ぶに相応しい様なお姿です。

優美、優雅とはまさに相応しい言葉じゃないでしょうか。
本当に、見惚れます。

バイオリニスト、宮本笑里さんの紹介です。

大橋未歩愛嬌溢れるベビーフェイスが一番の特徴でしょう・・・。この度、テレビ東京を退職された大橋未歩さんです。

何と言ってもその愛嬌のある容貌、何となく、赤ちゃんがそのまま大人になったかの様な容姿も相まって、お茶の間を癒やした事でしょう。

当方には、魅惑的な魅力とアナウンサー業をこなす理知的な要素の2面性が同居している様な印象に視えていました。

当初しばらく、大橋アナウンサーの存在はよく分かりませんでした。
テレビ東京に時々チャンネルを合わせても、その存在がよく分かりませんでした。
ある種、知る人ぞ知る・・・的な存在感だった様にも思います。
テレビ東京自体がマイナーな印象が強かった時代もあったでしょう。そんな頃が大橋アナのスタート地点だったんじゃないでしょうかねぇ・・・。

この大橋アナは、華やかなルックスとは裏腹に、目立たないところでもコツコツと頑張っている様な印象とか、深夜帯の番組でマニアに受けている?アナウンサーという印象も徐々に生じてきていた頃でした。

脳梗塞で病床に居たり、はたまた、懸命に看病してきたご主人を捨ててあっさりと再婚するまでの期間が早過ぎると批判された事もありましたね。その批判は、1視聴者として視ていて当方も否定する気はありません。自然に視れば誰しもそう思うかなと。

テレ東退職まえにはバラエティー番組に飛び入りゲスト出演など、会社に愛された人だったと思いました。
次へのステップの為にしばし休息されて、またTV画面の前に戻ってきて欲しいですね。

そんな、元・テレビ東京アナウンサー大橋未歩さんの紹介です。

sakurabananamiこの女優/タレントさんを、まだよく知らない、顔と名前が一致しないという人も多いでしょう・・・。

まだ、「知る人ぞ知る」という人も多いかもしれません。
有名なのは、三菱地所のCMですが、それを視れば、「あ~、この人ね!」と言う方々が多いんじゃないでしょうか。

注目を浴びたのは15~16歳のコンテストの時だった様ですからもうかれこれ10年ほど経つ様です。

しかし、何と言ってもその、知的なオーラが静かに潜んで溢れて輝っています。
近寄り難そうで親しみやすそうな、身近に居そうで居ない様な、対極な印象が同居する様な女優さんですが、奥底に品位と知的オーラが溢れ漂っている女優さんじゃないでしょうか。

まだまだ若い女優さんですが、既に、品格の片鱗が視えてきている様な気がします。ま、贔屓目だと言われてしまえばそれまでなんですが。

そんな、近そうで遠い様な、普段着な印象も馴染みやすい、桜庭ななみさんの紹介です。

miyajimanami女子アナというのは、紛れもなく会社員なのですが、一言で「会社員」と言って片付けられない様なチャーミングなアナウンサーです。

宮司愛海アナの紹介です。

当方はあまりフジTVを視る頻度は低いのですが、神ギ問という番組が日曜のお昼間にやっているのを偶々知り、その進行を担当しているのが宮司アナでした。

その、何というか、進行ぶりが秀逸とかとは正直、思いませんでしたし、存在感が圧倒的!とかという何らかの強烈な感覚を視ていて覚えたわけでも無いのですが、何と言って良いか、そのイヤミの無いスマートな感じと印象が目について離れません。

女子アナ・・・とか、会社員・・・とかという印象とは結構離れた感じで、大学時代/入社時期/最近とで、結構、半分別人?とか思うほど洗練された感がありますが、そんなキュートな印象漂う宮司愛海アナウンサーの紹介です。

↑このページのトップヘ